採用情報

  1. Home > 
  2. 採用情報 > 
  3. 会社紹介:受託事業の紹介

会社紹介:受託事業の紹介

勉強の毎日です。(東日本受託第三部第1課 (料金第二受託ユニット) 川幡麻衣子/入社日:2008年4月入社(新卒))

1日のスケジュール

8:45 出社
グループのキャビネを開けたり、メールをチェックしたり、業務の準備をします。
8:55 朝礼
確認・伝達事項をスタッフに連絡します。
10:00 定例会
毎週1回ユニット内でグループの状況を確認します。
11:30 お昼休み
お弁当を持参することが多いですが、同僚とランチを食べにあっちこっちへ行くこともあります。
13:00 スタッフのヘルプ
基本的にグループの管理業務をしていることが多いのですが、業務量が多い日やお休みの人がいる時には、スタッフの業務のヘルプを行っています。
17:00 全体のスタッフの残業状況を確認
業務が残っている方に対して声をかけ、残業量を把握するようにしています。
17:30 資料作成
色々な資料を考えながら作成することが多いため、スタッフが帰宅後にじっくり取り組むこともしばしばあります。勤務時間中バタバタして出来なかったことを行います。
18:30 帰宅
入社したての頃は帰宅後疲れてすぐ寝てしまうことが多かったのですが、その時間がもったいないと思い、今は習い事や友人と遊ぶなど自分の時間を有効に使っています。

仕事内容

料金第二受託ユニットは主に保険料の請求・収納業務に関する事務を行っています。
その中でも私が所属している業務グループでは、アフラックのHPから口座振替依頼書や住所変更等の申し出依頼に対して処理やお客様へ契約に関わる様々な書類を送付する発送業務などを行っています。実際の事務はスタッフの方にお願いしていて、様々な業務上発生した調整や管理を私は行っています。アフラックの相対の課の主任担当者と調整をすることが多く、業務を実際に行っていないので詳細はスタッフに確認を行いながら調整するところは難しく感じています。そのため、日々業務に向き合い、わからないことはスタッフに詳細を聞く等毎日毎日が勉強です。大変なこともありますが周りの環境には恵まれているのでそれがモチベーションにもつながっています。

社風

とにかくアットホームな会社です。幅広い年齢層の社員がいますが、何か困ったときなど、所属部門に関わらず誰にでもすぐに相談できる環境があります。
又、年に数回、社長との面談やミーティングがあり、困っていること、要望などを直接社長に伝えることができます。実際に社長に伝えた提案等が後日採用され、運用を開始している事例も多々あります。役職や在籍年数に関わらず、社員の小さな声にまで耳を傾けてくれる会社です。

社内制度

「頑張った社員を評価する」というのが会社の方針なので、様々な表彰制度が設けられています。その中の1つに、「かいぜん提案」という制度があります。これは、業務で行った改善について報告し、評価してもらえる制度です。入社1年目で年間12件提出することができました。
その他、毎月「部門長賞」が設けられており、毎月頑張った社員が表彰されます。私も先日受賞しましたが、上司が日頃の行動を評価してくれることでモチベーションアップにもつながります。誰にでもチャンスを与えてくれる会社です。